PROFILE

作曲を綿村松輝、湯浅譲二の各氏に師事。

日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程満期退学。

演奏会用作品の作曲とともに、舞台・映像用音楽の作曲、

ジャンル横断的な演劇表現の企画・演出を手がける。

大学学部在学時より現代音楽の作曲を始める。

西洋楽器での作品と並行して、薩摩琵琶をはじめ邦楽器を用いた作品を作曲。

国際現代琵琶楽会の演奏会などで作品を発表する。

2007 年、凛アートプロジェクト主催の公演にテーマ作曲家として取り上げられ、サントリーホー

ル小ホールにおいて「音楽展~作曲家・山口紘~」が開催される。

2010 年、トーキョーワンダーサイト主催EXPERIMENTAL SOUND, ART & PERFORMANCE

FESTIVAL に、メディア・パフォーマンス作品「無数の終焉/終演」で入選。

大学学部卒業後、コンピューターを使用したElectronic Musicの作曲や即興演奏を始める。

2010 年、アイルランドの電子音楽祭sonic vigil に電子音楽作品「The leaf was uprooted」を出品。

2011 年より、blanClass(横浜)、explosion tokyo(西麻布)、空宇宙室(横浜)などの現代アート

やコンテンポラリーダンスなどのパフォーマンスを中心としたアートプロジェクトにおいて、作品

発表やライブを行う。

2012 年、explosion tokyo において、サウンド・インスタレーション「供養する人間たち」を中心と

した単独の展覧会を開催。

2012 年10 月より、空宇宙室での実験音楽の定期公演企画「The Port Program N°8」を監修する。

大学院博士課程では、イタリアの現代作曲家ルイジ・ノーノ Luigi Nono を研究。2011 年、研究の

一環としてノーノの作品 “Post-Prae-Ludium per Donau”の日本初演をふくむレクチャーコンサートを

開催。

2013年、Speechからアルバム「Chairs of Grass」を発表。

2012年より、演劇・コンテンポラリーダンスなどの舞台音楽と音響を多数担当している。

2019年、演劇ユニットAntikame?の舞台「じくりじくりと蝕まれていく」のサウンドトラックをリリース。

2020年、初の歌もので初めてのシングルとなる「Rains」をリリース。

He is a Japanese artist who works in a wide range of genres, including IDM, Electronica, Ambient, Alternative and theatrical incidental music.

Studied composition under Matsuki Watamura and Joji Yuasa. D. program at Nihon University, Graduate School of Arts.

In addition to composing works for concerts, he also composes music for stage and video, and plans and directs theatrical expression across genres.

He began composing contemporary music when he was an undergraduate student.

In parallel with his works on Western instruments, he composed works on Japanese instruments, including the satsuma-biwa.

In 2010, he participated in EXPERIMENTAL SOUND, ART & PERFORMANCE organized by Tokyo Wonder Site.

After graduating from university, he began composing and improvising electronic music using a computer.

For his postgraduate PhD, he studied the Italian contemporary composer Luigi Nono. In 2011, he gave a lecture concert as part of his research, including the Japanese premiere of NONO's work "Post-Prae-Ludium per Donau".

He is influenced by a wide range of musical genres, including contemporary and experimental music, IDM, Ambient, Alternative, R&B, and Japanese traditional and pop music.

In 2013, Speech (Label) released the first album "Chairs of Grass".

Since 2012, he has been producing stage music for theater and contemporary dance.

© 2018 by HIROMU YAMAGUCHI Wix.com で作成されました。